市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事・労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク


副業・ダブルワーカー・週末起業の労働・社会保険・税金Q&A


Q 009  私は住宅設備機器や給排水等の設備工事等の事業を行ってきましたが、なかなか収入が得られず、土日祝日と平日の夜にパート社員として別の会社で働きはじめてもう2年くらいになり、収入も月15万円ほどあります。
そのパートの会社では雇用保険に入っているのですが、私が仮にその会社を辞めても、事業をしているため、雇用保険の失業給付を受けることはできないと思います。そうなると保険料は掛け損となってしまうと思うのですが、このままでよいのでしょうか?
 
 どのような経緯で雇用保険に加入したのかはわかりませんが、おそらく最初は
被保険者でなく、ある程度の期間パートを続けられたため、会社が被保険者の
資格を取得したのかもしれません。いずれにしても、現在雇用保険に加入してい
るのは事実であり、ご質問の通り、一般的にはパートの会社を退職しても、事業を
されているため、失業状態とはいえないことになります。
 事業の形態にもよりますが、例えば常時仕事がなく、スポット的な仕事である場
合には、仕事をしていない日については失業状態といえなくもありません。個別の
事例にもよりますのでハローワークにご確認ください。ただし、ご質問のように住
宅設備機器や給排水等の設備工事等の事業をされている場合、税務署への届
出、登記、給排水の指定工事店の申請等されているはずですので、これは仕事
がない日があるからといっても完全な事業ですので、失業給付は受けられませ
ん。
 また、保険料が掛け捨てであるかというとそうでもありません。
先にパートの会社を辞めた場合には、上記の通り失業給付は受けられませんが、
不本意ながら先に事業を廃止され、パートの会社で働き続けた後にパートを辞め
たということであれば、失業給付は受けられます。
 また、パートの会社が雇用保険の資格取得をしたことについては責めることは
できません。
 雇用保険は、適用事業主との間に雇用関係にある労働者は、本人の希望の有
無にかかわらず、原則として被保険者となりますし、1週間の所定労働時間が20
時間以上(30時間未満)で、1年以上引き続き雇用されることが見込まれる場合
は、短時間労働被保険者となるからです。「事業をしているから雇用保険の資格
を除外してほしい」と言ってもハローワークは認めないでしょう。
 保険料が無駄になる可能性が高いからといって、パートを続けたまま雇用保険
の資格を喪失するということはできませんが、1週間の所定労働時間が20時間未
満になることが確実であるならば、雇用保険の被保険者要件を満たさなくなるの
で、資格喪失することになります。ただ、現時点で資格喪失をしても、事業を行っ
ているため、失業給付は受けることはできません。


                               (回答:2006.2.27)



戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.