市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事・労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク


副業・ダブルワーカー・週末起業の労働・社会保険・税金Q&A


Q 012  私は正社員で働いていますが、週末にもう一つ別の会社で仕事をしています。先日、昼休み中にもう一つの会社の仕事に関する資料を作成していたところ、専務に注意されました。昼休み中は労働時間ではないので、何をしようと個人の自由だと思うのですが…?

 
 確かに昼休み中は労働時間ではなく、労働基準法にも「休憩時間を自由に利
用させなければならない」とあります。しかし、休憩は労働者の相当な時間労働
を継続した時の心身の疲労を回復させるために労働時間の途中に与えることを
目的としています。自分の会社以外の仕事をしているということに対する感情的
な理由もありますが、休憩中とはいえ、他社の仕事をすることは好ましくありませ
ん。また、「休憩時間の利用について、事業場の規律保持上必要な制限を加え
ることは、休憩の目的をそこなわない限り差し支えない」という労働基準法の通
達もあるので、全てが自由に利用できるというわけではありません。いくら自由
利用といっても、会社にも一定の責任はありますし、休憩も会社の業務に必要な
ものと考えたほうがよいでしょう。
 また副業のために、パソコンやコピー等自社に関係のない備品等の使用があ
った場合には、退職強要をしてくることもあります。そもそも副業が会社で認めら
れているかどうかをまず確認しまよう。本業に支障をきたすような休憩の取り方
は好ましくありませんし、何をしても自由というわけではありませんので注意して
ください。


                                  (回答:2006.2.28)


戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.