市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク




派遣労働Q&A



Q 007  紹介予定派遣で6ヵ月間派遣社員として働けば、派遣先で必ず正社員として雇われるのでしょうか??

 紹介予定派遣で派遣労働契約を結んだ場合であっても、6ヵ月間働いた後に必ず派遣先で正社員になれるとは限りません。
 派遣元企業は、派遣契約が終了したときに、派遣先と派遣労働者に求人、求職の意思を確認したうえで職業紹介を行います。派遣先が職業紹介を受けることを希望しない場合には、その理由を派遣元に明示したうえで拒否することもできます。この場合、派遣元事業主は労働者からの求めに応じて、派遣先から明示された理由を、派遣有働者に対して書面等で明示しなければなりません。
 また、派遣先が派遣労働者を直接雇用する場合に、必ずしも正社員で雇用しなければならないというわけではなく、例えば3ヵ月間の有期雇用などでもよいということになっています。ただし通達では、6ヵ月間の労働者派遣の受入期間と3ヵ月程度の直接雇用を繰り返す場合などのように、派遣先の6ヵ月間の受入期間の制限を免れる目的で紹介予定派遣を活用していると考えられる場合には、是正指導の対象となると示しています。
 いずれにしても、必ず正社員となれるわけではありません。



戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.