市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク




派遣労働Q&A



Q 013  派遣労働者として働くデメリットにはどのようなことがありますか?  
 
 派遣労働者として働く場合、メリットも多くありますが、やはり正社員と比べると労働条件、特に賃金の面での不利は否めません。
 派遣社員の給与は通常、時給や日給ということが多数なので、実労働時間に対して給料の総額が決められます。病気やけがなどで会社を休んでしまった場合、その間の給与の支払いはありませんので、収入が減ってしまいます。会社や業種にもよりますが、必ずしも安定しているとはいえません。若いうちや独身の間はそれで良くても、家庭を持ち、子供ができると生活面では苦しくなるでしょう。また、派遣社員には正社員と違い、ボーナスなどの賞与の支給はほとんどないと考えたほうが良いでしょう。そもそも賞与は労働基準法等の法律によって支給がきめられているわけではなく、会社が業績や個人の貢献度に応じてしはらっているわけであり、必ず支給されるものでもありません。 



戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.