市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク




派遣労働Q&A



Q 019  派遣労働者に雇用保険の資格はありますか?  
 
 派遣労働者でも、一定の要件に該当すれば、雇用保険の被保険者となり、雇用保険への加入は、雇用者である派遣元が行います。 雇用保険は、労働者が失業し、働く意思と能力があるにもかかわらず、再就職ができない状態のときに必要な給付を行い、生活の安定と求職活動を容易にすることを目的としており、農林水産業の一部を除き、原則として労働者を一人でも雇用する事業に適用されます。また、雇用継続中の場合でも、一定の要件を満たした育児休業中の男女には雇用保険から給付金が支給されます。
 登録型派遣労働者の場合、短期間で派遣先が変更することも多く、同一派遣先でも、派遣期間が中断したりすることもあり、雇用保険への加入の判断が難しいことがあります。厚生労働省では、下記の@、Aの基準に該当するときは、被保険者にあたると示しています。
 

@反復継続して派遣就業するものであり、次の(ア)または(イ)に該当する場合

  (ア)同一の派遣元事業主に1年以上引き続いて雇用されることが見込まれるとき

  (イ)同一の派遣元事業主との間の雇用契約が1年未満であっても雇用
     契約と次の雇用契約の間隔が短く、その状態が通算して1年以上
     続く見込みがあるとき。

     この場合、雇用契約について、派遣先が変わっても、差し支えあり
     ません。


   (例1) 同じ派遣元社から、派遣先B社に6ヵ月、派遣先C社に6ヵ月、通算して1年以

        上派遣されることが見込まれる場合

        【最初の雇入日】          【更新】             【1年】
            



   (例2) 同じ派遣元A社から、派遣先B社、C社、E社に2ヵ月ずつ1ヵ月程度の間をあけ

        て通算して1年以上派遣されることが見込まれる場合

        【最初の雇入日】                          【1年】
            


   (例3) 同じ派遣元A社から、派遣先B社、C社、E社に1ヵ月以内の期間ずつ数日の間

        をあけて、通算して1年以上派遣されることが見込まれる場合

        【最初の雇入日】                          【1年】
            


  A1週間の所定労働時間が20時間以上であること



戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.