市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク




Q 005  私は71歳の主婦です。私自身の年金は、2ヵ月で6万円くらいしかありません。夫は私と同じ年ですが、高校卒業後、定年まで同じ会社で働き厚生年金に加入していたため、現在夫の老齢厚生年金と退職金(年金払)で生活しています。もし夫が死亡したら経済的にとても不安です。遺族年金はもらえるのでしょうか?  
 
 老齢厚生年金を受給している人が亡くなった場合には、その当時生計維持関係にあった妻には遺族厚生年金の受給権が発生します。
 現在御自身の年金が2月で約6万円との事ですが、その内訳が老齢基礎年金だけなのか、あるいはわずかな期間分が老齢厚生年金として含まれているのかが不明なのですが、内容からみると、遺族厚生年金を受給したほうが金額が大きいと思われます。しかし、老齢厚生年金と遺族厚生年金を全額併給するということはできないので、仮にご主人がお亡くなりになった時には、次のなかから金額の大きいものを選択するということになります。


 @御自身の老齢基礎年金+御自身の老齢厚生年金 … (今まで通りの受給額)
 A御自身の老齢基礎年金+遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金の4分の3)
 B御自身の老齢基礎年金+御自身の老齢厚生年金の2分の1+遺族厚生年金
  の3分の2 (夫の老齢厚生年金の2分の1)


                                (回答:2005.10.2) 

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.