市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 007  私の父(昭和20年11月1日生まれ)は、中学を卒業後すぐに働き、同じ会社でずっと厚生年金に加入し続けてきました。この度(平成17年11月1日で)60歳になりますが、年金はいつから支給されますか?  
  
 お父様の生年月日から、原則、報酬比例部分の年金の支給開始年齢は60歳、定額部分の年金の支給開始年齢は63歳ですが、お父様は中学を卒業後すぐに働いており、60歳を迎えるまでに厚生年金の被保険者期間が45年になりますので、長期加入者の特例により、定額部分の支給開始年齢60歳になります。
 長期加入者の特例とは、厚生年金の被保険者期間が44年(528ヵ月)以上あると、法律上当然に報酬比例部分の年金の支給開始年齢と同時に、定額部分の年金と配偶者加給年金の支給が開始されるというものです。


                                 (回答:2005.10.2)                                              

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.