市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 016 国民年金の保険料を免除された場合と未納の場合で、違うところを教えてください。

 免除と未納の違いは下の表のとおりです。保険料が未納になることのないよう、注意しましょう。


全額免除 半額免除 未納
老齢基礎年金を受けるための受給資格期間には 受給資格期間に入ります 保険料の半額を納めると受給資格期間に入ります 受給資格期間に入りません
受け取る老齢基礎年金の額は 免除期間は年金額の3分の1が反映されます 半額免除期間は年金額に3分の2が反映されます 年金額には反映しません
障害基礎年金や遺族基礎年金を受けるときには 保険料を納めたときと同じ扱いです 保険料を納めたときと同じ扱いです 年金を受けられない場合があります
後から保険料を納めることは 10年以内なら追納できます
(3年目からは当時の保険料に一定の額が加算されます)
10年以内なら追納できます
(3年目からは当時の保険料に一定の額が加算されます)
2年を過ぎると収めることができません

 

                                           (回答:2005.10.6)

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.