市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク




024  私は現在52歳の会社員です。昨年、原因は不明なのですが、脳梗塞で倒れ、右手がマヒし、軽い言語障害の後遺症が残りました。軽作業は可能なので何とか会社に残ることができたのですが、障害年金を請求することはできますか? 

 
 障害年金の請求をする場合の支給要件は、


 @障害の原因となった病気やケガの初診日(=最初に病院にかかった日)に
  被保険者であること
 A障害認定日(初診日から1年6ヵ月が経過した日(その期間内にその傷病が
  治った日、その症状が固定し治療の効果が期待できない状態になった日を
  含む))に障害の程度が障害等級1級、2級の状態に該当すること(障害基礎
  年金は2級まで、障害厚生年金は3級あり)
 B初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに、保険料納付済
  期間と保険料免除期間が全被保険者期間の3分の2以上あること(初診日の
  属する月の前々月までの直近の1年間に滞納がないこと) 



です。
 ご質問の場合は、ずっと厚生年金に加入されていたので、@とBの条件は満たされており、Aも障害が固定している場合は、1年6ヵ月を待たずに請求することができます。手続きの際には診断書が必要ですので、社会保険事務所で書類を受け取って主治医に書いてもらうようにしてください。
 

 なお、障害等級3級に該当しないが、ある程度の障害が認められた場合、一時金として障害手当金が出ることがあります。


                                 (回答:2005.10.9)

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.