市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 025  高校生(16歳)の息子が先日部活の練習中にけがをして障害者になりました。国民年金に加入していないのに年金がもらえるということを聞きましたが、本当なのでしょうか? 
 
 被用者年金制度に加入していない20歳前の方は、国民年金の被保険者ではありませんが、20歳になる前の病気やケガで障害者になった方にも下記の@からBに当てはまれば、障害基礎年金が支給されます。


 @初診日において、20歳未満であった方が、障害認定日以後に20歳になった
  ときは20歳に達した日後において障害等級1級又は2級に該当する障害の状
  態にあること
 A初診日において、20歳未満であった方が、障害認定日が20歳に達した日後
  であるときはその障害認定日において障害等級1級又は2級に該当する障害
  の状態にあること
 B初診日において、20歳未満であった方で、障害認定日において、障害等級
  1級又は2級に該当する障害の状態になくても、その後、65歳に達する日の
  前日までに障害等級1級、2級に該当する障害の状態に該当した場合は65歳
  に達する日の前日までに本人が請求すること

 
 請求した日において受給権が発生し、その翌月から支給が開始されます。
 ただし、この20歳前の障害基礎年金は、保険料を納付していない方に支給されることから、所得制限があります。受給権者の前年の所得が、所得税法に規定する扶養親族等の有無及び数に応じて一定額を超える場合には、その年の8月から翌年の7月まで、年金の全額または2分の1が支給停止となります。


                                  (回答:2005.10.10)

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.