市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 029  私は現在サラリーマンで、厚生年金に加入しています。先日妻が病気で亡くなりました。妻は第3号被保険者として、国民年金の加入期間が11年3ヵ月あり、私との結婚前に第1号被保険者として4年3ヵ月ほど保険料を納めていました。現在子供は9歳ですが、遺族基礎年金は支給されますか? 
 
 遺族基礎年金を受給できることのできる遺族の範囲は、「18歳の年度末までの子供と生計を同じくしている妻」または「18歳の年度末までの子供」であり、配偶者であっても、男性である「夫」には支給されません。 9歳のお子様がいらっしゃいますので、お子様は遺族基礎年金を受けることのできる遺族に該当するはずですが、この場合、亡くなった奥様のお子様がその父親と生計を同じくする場合は年金は支給停止となってしまいます。お子様は父親と生計を同じくすると思われますのでこのままでは遺族基礎年金は支給されないことになり、奥様の国民年金の被保険者期間は無駄になってしまいます。
ただし、奥様は第1号被保険者期間が3年以上あるため、夫に死亡一時金が支給されます。


                                 (回答:2005.10.15)

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.