市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 030  私は高校を卒業後、家業を継いで国民年金に加入しており、保険料の納付済期間は16年で、未納が5年ほどあります。この不況の折、昨年末で事業を廃止し、今年からサラリーマンとして厚生年金に加入しております。現在41歳で、39歳の妻と15歳の娘との3人で生活しています。もし私が死亡した場合、厚生年金に加入したばかりですが、遺族厚生年金は支給されますか?
 
 遺族厚生年金は、被保険者または被保険者であった者が次のいずれかに該当した場合の死亡のときにに、その方の遺族に支給されます。


 @ 厚生年金の被保険者
 A 被保険者であった者が、被保険者の資格を喪失した後に、被保険者であ
   った間に初診日がある傷病により当該初診日から起算して5年を経過する
   前に死亡したとき
 B 障害等級に1級または2級の障害厚生年金の受給権者
 C 老齢厚生年金の受給権者または受給資格者


 ただし、@またはAに該当する場合には、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者期間がある場合には、その期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が、その被保険者期間の3分の2以上あることが必要です。


 ご質問の場合は、上記@に該当し、国民年金、厚生年金の納付済期間の合計が、被保険者期間の3分の2を超えているので、遺族厚生年金は支給されます。


 また、奥様と18歳未満のお子様がいらっしゃいますので、遺族基礎年金が併せて支給されます。


                                 (回答:2005.10.2) 

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.