市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



 033  遺族厚生年金を受けていましたが、再婚して年金を受けられなくなりました。また離婚した場合、再び遺族厚生年金を受けることはできるでしょうか?

 
 結論から言いますと、遺族厚生年金を再び受けることはできません。
遺族厚生年金の受給権は、受給権者が次のような事由に該当した場合に失権します。

 @ 死亡したとき
 A 婚姻したとき(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を
    含みます)
 B 直系血族および直系姻族以外の者の養子となったとき(届出をしていないが、事
   実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含みます)
 C 離縁によって死亡した被保険者または被保険者であった者との親族関係が終了
   したとき


 年金には、年金の支給がある一定期間停止される「支給停止」と年金の権利自体が消滅する「失権」の場合とがありますが、失権した年金の権利が再び復権することはありません。
従って、上記Aの理由によって失権した遺族厚生年金が、離婚によって再びもらえるようになるということはありません。


                                     (回答:2005.10.15)                                                 

戻る



© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.