市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 041   年金は年に6回、偶数月に支給されると聞きましたが、数年前に亡くなった私の祖母は年に3回しか受けていませんでした。支払い漏れではないでしょうか?祖母は明治43年生まれでした。
 
 支払い漏れではなく、その年金は老齢福祉年金といいます。
老齢福祉年金は、国民年金制度の発足当時に既に高齢であったため、老齢年金や通算老齢年金を受ける資格を満たすことのできない人を救済する制度です。
 受給対象者は、
 @明治44年4月1日以前に生まれた人
 A大正5年4月1日以前に生まれた人で国民年金の保険料を納めた期間と保険料
  を免除された期間の合計が本来の老齢年金を受けるための要件に該当しない人
であり、受給資格を満たしていても、国民年金法における老齢年金を受けていたり、本人・配偶者および扶養義務者(子・孫・兄弟姉妹等)に一定以上の所得がある場合は受けることができません。
 支給される年金額は、平成17年4月現在で、全額支給の場合、年額407,100円、一部支給の場合315,700円です。
 支給は年3回で、毎年4月、8月、12月(11月に受けることができます)に郵便局で受け取ることになっています。


                                    (回答:2005.10.23)

戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.