市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 058  私の持っている年金手帳は青色ですが、私の父の年金手帳はオレンジ色です。手帳の色によって何か区分があるのでしょうか?      
 
 平成9年1月に「基礎年金番号」が導入され、それと同時に年金手帳の表紙の色がオレンジ色から青に変わりました。オレンジ色の手帳をお持ちの方は、昭和49年から平成8年までに公的年金に加入されている方で、それまでの手帳に記されていた番号は、厚生年金保険や国民年金などの「記号番号」でしたので、基礎年金番号導入時に社会保険庁から「基礎年金番号通知書」が送られています。これを手帳に貼っている方もいらっしゃると思います。
 青の表紙の手帳をお持ちの方は、平成9年1月以降に新たに公的年金制度に加入された方で、基礎年金番号が載っているため、基礎年金番号通知書の必要はありません。
 年金手帳の色が違うのは、そのためです。


                                 (回答:2005.12.11)



戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.