市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 060  現在、離婚を考えています。平成19年4月から、離婚時の年金分割請求ができるそうですが、法律の施行前に離婚をした場合でも、お互いに合意していれば、夫の年金をもらうことは出来ると思うのですが…?
 
 法律の施行日前であっても、話し合いなどで年金を分けてもらうように夫婦間で合意していれば、改正法とは別に年金を分割することはできます。ただし、年金は2ヵ月に一度偶数月に振り込まれるのが原則ですので、その都度年金額から約束した分割割合を計算して分けるというのは、分ける側、もらう側ともに手間がかかると思います。離婚時におおよその額を計算して、一括して受け取るというのが普通なのかもしれませんが、実際には「年金はいくらもらう予定なので、じゃあいくら分けます」という枠にとらわれずに、妻の生活費、子供の養育費等を夫の財産から分けるという大きな枠で考えたほうが現実的ですし、煩雑でもありません。それを一括で払うのか、分割払いにするのかを決めればいいわけです。また、口約束では夫が約束を果たさないということもあり得ますので、第三者(弁護士等)を介すほうがより確実でしょう。
 離婚時の年金分割が平成19年4月以降に施行された後は、分割された年金は法律上当然に自分の年金として自分の口座に振り込まれることになります。


                                     (回答:2006.1.13)



戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.