市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 061  私は自営業の夫と結婚しましたが、離婚した場合に年金を分割してもらうことはできますか?
 
 離婚時の年金分割の対象となるのは厚生年金と共済年金であり、自営業者の場合は夫、妻とも第1号被保険者であり、夫の基礎年金が分割されることはありません。
 自営業者の場合は夫婦それぞれが毎月自分の分の保険料を払って自分の年金を受け取るという形であり、そもそも基礎年金制度は、全国民共通の制度として発足されたわけですので、保険料をきちんと払っている夫が離婚によって年金が分割されてしまうのは、夫の老後保障も不安になり、同じ保険料を払っているのに年金が分割されるのは不公平であり、制度の趣旨に反することになります。
 離婚時の年金分割は、一般的には夫の年金を妻に分割するという例が用いられていますが、これはあくまでもこれまでの日本社会が夫のほうが妻よりも収入が多いという前提で示されたモデル例ですので、男女の区別はなく、年金額の多いほうから少ないほうへ分割するということです。
  いずれにしても、基礎年金が分割されることはありません。


                                   (回答:2006.1.15)


戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.