市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 067  遺族厚生年金を請求する時にはどのような書類が必要ですか?

 遺族厚生年金の裁定請求時に必要な書類は下記の通りです。
 


 1.遺族給付裁定請求書※(遺族厚生年金を受けることができる人が2人以上いる
  ときには2人目以降の人についてそれぞれ遺族給付裁定請求書を添付)
 2.年金手帳または基礎年金番号通知書
 3.戸籍謄本(死亡した人と請求者との身分関係や請求者の生年月日が明らかに
  できるもの)
 4.死亡診断書(死体検案書)
 5.請求者が婚姻の届出はしていないが死亡した人と事実上婚姻関係にあったとき
  は、その事実を明らかにできる書類
 6.請求者が1級・2級の障害者であるとき(死亡した人の妻、60歳以上の夫、父
  母、祖父母を除く)は診断書※およびレントゲンフィルム
 7.請求者が公的年金制度等から年金を受けているときは、その年金証書の写
 8.請求者の非課税証明書・源泉徴収票
  (請求者の年収が850万円以上の場合は遺族厚生年金の受給権者になれませ
  んが、年収が受給権発生当時以降に850万円未満になる見込みがある場合に
  は源泉徴収票等そのことを確認できる書類を添付)
 9.履歴(公的年金制度加入経過)書※
10.死亡した人が昭和61年3月までの期間において国民年金に任意加入しなかっ
  た期間が合算対象期間に該当するときは、そのことを明らかにできる書類
11.その他(特別な事情があり、社会保険事務所から提出を求められたもの)

 
 ※印の書類は社会保険事務所に備えてあります。
年金請求時に必要な書類等については、裁定請求をされる方によって異なることがあります。また、代理の方が請求窓口に行かれる場合には、本人が署名捺印した「委任状」が必要となります。委任を受けた方は身分を確認できるもの(運転免許証等)を持参してください。
                                    (回答:2006.2.16)

戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.