市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 069  育児休業期間中の厚生年金の保険料はどのようになりますか?

 満3歳未満の子を養育するための育児休業期間については、健康保険・厚生年金保険の保険料は、事業主の申出により、事業主負担分、被保険者負担分ともに免除されます。免除期間は、育児休業を開始した日の属する月分から育児休業が終了する日の翌日が属する月の前月分までです。平成17年4月から、育児休業中の保険料免除措置の対象が1歳未満から3歳未満へ拡充するとともに、子供が3歳までの間、勤務時間短縮等の措置を受けて働き、標準報酬が低下した場合、子供が生まれる前の標準報酬で年金額を算定する仕組みが設けられました。
※育児・介護休業法による育児休業は、子が1歳に達するまで(特別な事情がある場合1歳6ヵ月に達するまで)ですので、注意してください。

 申出は、事業主が「育児休業等取得者申出書」を提出して行います。免除期間中も被保険者資格に変更はなく、給付も育児休業取得直前の標準報酬が用いられます。ただし、労働基準法の産後休業期間は育児休業にあたりませんので、保険料を負担します。


                                     (回答:2006.3.6)

戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.