市川社会保険労務士・FP事務所

トータルライフ&人事労務コンサルティング
トップページ 業務内容 プロフィール トピックス お知らせ 個人情報 リンク



Q 078  障害年金を請求する時にはどのような書類が必要ですか?
 
 障害厚生年金、障害基礎年金の裁定請求時に必要な書類は下記の通りです。
 


 1.障害給付裁定請求書
 2.年金手帳または基礎年金番号通知書
 3.戸籍謄本
 4.年金証書(他の年金を受けているとき))
 5.印鑑
 6.病歴・就労状況等申立書
 7.振込先金融機関の通帳
 8.受診状況等証明書(初診時の病院と診断書を作成した病院が違う時)
 9.共済加入期間がある場合には共済組合加入期間確認通知書
10.加給年金対象者がいる場合には
   @戸籍謄本 A 世帯全員の住民票 B配偶者の所得証明 C18歳未満の
    子供がいる時は在学証明書(15歳以下は不要)


 診断書の様式は、障害の種類によって8種類に分かれています。傷病名で判断せず、障害の部位で選択します。
 <診断書の種類>
   ○様式第120号の1         眼の障害用
   ○様式第120号の2         聴覚・鼻腔機能・平衡機能・そしゃく
                        嚥下機能・言語機能の障害
   ○様式第120号の3         肢体の障害用
   ○様式第120号の4         精神の障害用
   ○様式第120号の5         呼吸器疾患の障害用
   ○様式第120号の6 - (1)    循環器疾患の障害用
   ○様式第120号の6 - (2)    腎疾患・肝疾患・糖尿病の障害用
   ○様式第120号の7         血液・造血器・その他の障害


 必要となる診断書は、障害認定日以降3ヵ月以内の現症のもので、障害認定日から1年以上経過して請求する場合には、さらに請求日以前3ヵ月以内の診断書が必要となります。事後重症請求の場合は、請求日以前3ヵ月以内の状態のものが必要です。


 所得証明の年度については、障害認定日時点の所得証明が必要であるため、遡及請求する場合でも5年以上遡る場合は、現時点で取れる一番古い年度の所得証明が必要です。事後重症請求の場合には、請求時の所得証明が必要です。


年金請求時に必要な書類等については、裁定請求をされる方によって異なることがあります。また、代理の方が請求窓口に行かれる場合には、本人が署名捺印した「委任状」が必要となります。委任を受けた方は身分を確認できるもの(運転免許証等)を持参してください。
                                    (回答:2006.3.16)

戻る


© 2005 市川社会保険労務士FP事務所 All Rights reserved.